新型コロナウイルス感染性について

新型コロナウイルス感染性について、

現在、市原市では(というか、全国的にですけど)、新型コロナウイルス感染症が流行している状況です。
1月中旬からの1ヶ月で、当院で診断した COVID-19 の方は 120人をこえました。高齢者はもちろん、若い方でも、こりゃ入院してもらったほうがいい、という人も何人かいて、なおかつ、入院先がなかなかみつからない状況です。

できれば、ワクチンの接種をお願いいたします。

とくに、保育、学校関係者、介護職の方は発熱外来の印象では感染リスクが高い印象です。

妊婦さんに関しては、感染すると、赤ちゃんとご自身のリスクが高くなることが明らかになっています。とくにワクチン未接種の方が新型コロナウイルス感染性に罹患すると、死産や産後出血、妊娠高血圧などのリスクが高くなります。

1-2  回目接種がまだの方は、市の集団接種会場での接種が可能ですのでご検討ください。


3回目の新型コロナワクチン接種について、

市原市、袖ケ浦市に関しては、接種券が届いていれば2回目の接種後 6ヶ月で接種可能です。接種券が届いている方は、可能なかぎりはやめの接種をお勧めします。

国が確保しているワクチンについては、ファイザー製とモデルナ製がおよそ半分ずつであわせて国民の人数分とされています。10代、20代の男性に限れば、ファイザー社製のワクチンを接種することが望ましいですが、その他の方々に関しては、モデルナ社製ワクチンのほうが、抗体価の上昇などを考えると有利な点が多いです。

当院でご用意できるのは、現在、モデルナ社製ワクチンのみですが、ご希望の方は来院、もしくはインターネットでの予約をよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 新型コロナウイルスワクチンについて

  2. 発熱外来

  3. ID-NOW

    COVID-19 ワクチンについて

  4. 医療従事者の妊婦さんへ

  5. 4月の新型コロナワクチンの予約を開始しました。

  6. ID-NOW

    新型コロナウイルス感染症について

PAGE TOP